Color:
愛知県豊明市立沓掛中学校

愛知県豊明市立沓掛中学校

校訓「自由・創造・和敬・練磨」



ユーティリティ

検索

エントリー検索フォーム
キーワード
            

GIGAスクール

沓掛中コロナ感染症対策

事例で学ぶNetモラル 保護者向け

愛知県教育委員会 道徳教育総合推進サイト「モラルBOX」

<< 2024年07月 >>

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カウンター

  閲覧数 訪問者数
今日 785 488
昨日 1822 1101

エントリー

4月27日 相談室についてのご案内2(スクールカウンセラー)

 25日付HPで心の相談員の紹介をさせていただきましたが、本日はスクールカウンセラーを紹介します。担当は濱口さんです。毎週水曜日10時~16時に相談活動をしています。年齢的にも子どもたちに近いのでお姉さんに相談する気持ちでちょっと気になっていることがあれば気軽に相談してください。もちろん保護者の方も在校生徒の関わりについてのご相談には対応しています。相談室前に相談ポストがあるのでぜひ活用してみてくださいね。

04271.jpg    04272.JPG

【ちょっと気になるいい話】

 朝8時20分に瞑想の時間がはじまり、代表生徒による心地の良い言葉が全校放送で流れています。本日のタイトルは「看却下(かんきゃっか)」。朗読内容「皆さんは、『看却下』という言葉を知っていますか。これはある禅宗のお寺の玄関に貼られた文字です。まず、足下を見なさいということで、履物をきちんと揃えて上がりなさいと教えています。この『揃える』とは、手で靴の前やかかとをそろえることで、かがんで手を使ってこそ『揃』えたことになります。はじめの『看』の字は、『看(み)る』と読み、漢字を分解してやると『手』と『目』が合体してできています。『看護』の『看』の字として使われるように、目で見て手を使って手当をすると言う意味です。そして『看却下』の言葉は、ただ履物を揃えるだけではなく、足下をしっかりと見つめて生活することが大切であることを教えています。『足下を見つめる』ことは、自分を正しく律していくことにつながります。毎朝、昇降口で靴を揃えることによって自分を見つめ、落ち着いた生活を送りましょう。」*昨日のHPの内容とつながっていますね。内容も素晴らしいですが、代表生徒の語りがプロのナレーターのような話し方で、本当に聞き応えがあります。

04270.jpg

ページ移動